8月になると毎年釣りの疲れがどっと出てしまう

私は趣味で鮎釣りをしています。6月から9月末までは休日はほとんど鮎釣り三昧です。休日は全部釣りに行くぞ!と毎年シーズン前になると気合を入れています。それなのに毎年8月になるとお決まりのパターンにはまってしまいます。
6月からシーズンインしても川の水は冷たく、晴天でも寒く感じることがあります。そして梅雨入りすると今度は雨です。雨合羽を着ると濡れないですが蒸せてとても暑いです。雨合羽を着ないと寒さで震えます。たまの晴天は非常に気持ちがいいです。そんな状態でも休みは全てといっていいほど釣りに行っています。
そして梅雨明けです。毎年これからが本番だ!と思って釣りに気合を入れ直しますが、2回3回と行くうちに、真夏の直射日光に体力を奪われ8月の1週目になるとちょっと釣りを休んで静養しようか・・という気持ちになり、8月はめっきり釣行き回数が減ってしまいます。完全に夏バテになっているのです。
川に行っても太陽の光は強く灼熱です。川の中はというと梅雨明けから雨が降らないので水不足になり、酷い時はぬるま湯状態にまで水温が上がります。当然鮎も釣れず、そして釣りにくくなります。釣りの情熱が失せてしまいます。私も夏バテ、鮎も夏バテ、川も夏バテです。
この時期に静養しておかないと最終の9月のつりに影響しそうなので毎年8月の真夏は休息月になってしまっています。ドモホルンリンクルの無料お試しセットを評価してみました。

小2の息子の反抗期にイライラがとまらない

小2になる息子、反抗期なのか、やりたくないこと、例えば宿題や自主学習をさせようとすると、とにかく反抗的になる。
先週末、朝から天気もいいからお出かけしたいのに、無駄に早起きして7時前から起きているくせに、9時すぎてもなかなか宿題にとりかからないため、
「早く終わらせないと、一日無駄になるよ、どこにも行けないし、キャッチボールもできないよ」
というと、
「別にどこにも行かなくていいし。」
と言って、私の言葉など全く持ってどうでもいい感じ。最近すぐキレたりするので、息子が依存しているゲームをやらせないから、反抗心が強く、
「どうせゲームできんなら、ドッジボール溝に捨てる」と言い出し、躊躇せずに、庭の前にある溝川にドッジボールを投げ捨てた。私としては意味不明。
彼のやることなすことが無駄にしか思えない。宿題をしたくないから、グダグダ言った挙句、次はボールを川に投げ捨てる。
「そのボールは、あなただけのボールではなく、妹、弟のものでもあるから、捨てたの拾ってこないなら、あんたの誕生日プレゼントはボールにするわ」
って静かに言うと、拾いに行った。草も生い茂り、けっこう入るのも大変な感じなのに、しかもボールは水のあるところに落ちてるから、(水深2、3センチ)
長靴履いて拾いに行った。私としては、そんな無駄なことしてるあいだに、とっとと宿題終わるやろって思うけど、彼はまた、それを拾いに行くことが
楽しそうにもみえた。きっと、彼の耳には私のガミガミなんて入ってこないんだろうなと思うと何言っても無駄だなって思うけど、
宿題、時間割りを終えるまでは、私のイライラはとまらないのであった。デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

わたしを振り回すしたことに怒り爆発

久しぶりに友達から連絡がありました。「久しぶりに遊ばない?いつが暇?」
わたしは現在0歳の子供を持つ母親のため専業主婦をしています。
保育園も空きがなくて来年の春に入園する予定なので現在は泣く泣く専業主婦を
しているので周りからはいつでも暇でしょ?という目で見られがちでした。

その友達もわたしが専業主婦をしていることを知っていて誘ってきたので
「いつでも大丈夫だよ」と返答しました。するとすぐに「明日遊ぼう」とラインが来たので
どこで何するのかな?と思っていると友達が一言「子供おったら市内とか難しい?あたしマツエク行きたいんだよね一」

正直、心の中で「マツエクしているときわたしと子供は放置かよ。マツエク行きなら一人で行けばいいのに」と
思っていましたがそこまで直接言う勇気がなく「大丈夫だよマツエクの時待ってるよ」と気を使っていいました。

友達「実はもう予約していて14時半からだから昼ごはんとかどうする?」
私「昼ごはん食べるなら早めに集合して12時半とかどう?そしたらご飯食べてすぐにマツエク行けると思うんだけど」
友達「OK。マツエク予約しているところ初めて行くから場所よくわかんないから店の前まで付いて来て」

すでにイライラ50パ一セント。私一人なら全然待てますが子供がいるとどうしても待つことができないですし
子供の離乳食やおむつ替えなど荷物も多く抱っこ紐で行くので子供を抱っこしてあなたに付き合う辛さわからないかな?
(エスカレーターが多いショッピングモールなので迷惑かからないように抱っこ紐と考えてました)

そんなこんなで次の日、朝携帯を見てみると待ち合わせ時間を13時半にしてほしい。友達は、夜勤だったらしく朝の7時に
実家に帰宅したようで少し寝たいから時間を遅くしたようです。それなら日勤の次の日の休みの時に行けばいいのに。

渋々承諾して待ち合わせ時間1時間前、子供と一緒にでかけると荷物も多くて歩くのが遅くなるため
自宅を早めに出て待ち合わせ場所へ向かうためバスに乗り込みました。すると少ししてから

「軽く寝てたわwゆっくり来ていいよ」

わたしはついに我慢していた怒りが爆発してしまいました。一緒に遊ぶのになぜわたしと子供はあなたのために
マツエクしている時にいちいち待たなければならないのか。それに13時半に集合してご飯食べようとなると
注文したメニューが作られて私たちのところに来るまで何分かかるかわからないですし、どうせくだらない話をグダグダしていたら
あっという間にマツエクの時間になってあなたは、楽しみにしているメインのマツエクを堪能していいですね。

わたしと子供は店内をふらふらしようにも子供がいるとゆっくり見れないですし、歩き回るのもわたしがしんどいです。
子供も状況がわかないのでぐずる可能性もあります。

そんなときあなたは、リアルを充実して楽しいでしょうがマツエク終わった後となると私たちは1時間くらい
無駄な時間を過ごさなければなりません。

付き添いに行くだけなら、これは友達と言えますか?わたしはあなたの執事ではありません。うまいように使われて
マツエクのついでに会う考えはやめてください。

あなたは独身で彼氏もいない、実家暮らしだからわからないでしょうがこちらは家庭があって
夕方には帰りたいんです。夕飯の支度や子供をお風呂に入れたり夕飯作って洗濯物を干して
やることがたくさんある。専業主婦をなめるな。逆にあなたがわたしと同じ立場なら
きっと同じことを言うでしょう。

「なんでわたしが、あなたのマツエクに付き合わなければならないのか」

人の立場になって考えてください。というと「いいよ一どうにかしていくわ」と返信が来ました。
現代便利な携帯というものがあります。ナビを使っていけば着くと思います。あたなは子供ですか?もう27歳になるいい大人でしょ?
ほんんとうに中身はこどもすぎ。コドミンって効果ある?

今は亡き、一番最初の男性少女漫画家

私が漫画家を目指したいと、思うほどの大きな影響力を持った漫画があります。それが超少女明日香と言う漫画です。当時はとても珍しいのですが、男性が少女漫画を書いていました。和田慎二先生です。男性が描いていると思えないほどに、女性の欲望が沢山つまった漫画でした。女性誰もが持つ変身願望。これは明日香がちんちくりんな女の子から、絶世の美女に変身する事でまるで自分が変身しているかのような、沢山のワクワクドキドキを体験できました。そして少女漫画には欠かせないヒーローは、そんなチンチクリンの明日香の方が好きだと言ってくれるのです。これは女性が持つ自分のありのままを愛してほしい願望が、要素として入っています。そして男性であろうが、女性であろうが誰もがピンと来る「悪者を倒す」展開。しかも、和田慎二先生の書く悪者は本当に小憎らしくて、八つ裂きにしてやりたいくらいむかつく悪者を描きます。そのキャラ設定も本当に天才です。それを最後には、ボロボロにやっつけるのです。しかも単にやっつけるのではなくて、私生活に侵入してボロボロにしてくのです。そして脅されて利用されていた悪役は、ことごとく助けて幸せにしていく。これが超少女明日香の醍醐味です。私はこの超少女明日香だけはなくて、和田慎二先生の作品全てが好きでした。本当だったらもっと色々な作品を見たかったのですが、ご病気でお亡くなりになってしまいました。本当に残念です。これほどのワクワクを漫画に詰め込める漫画家を私自身は、まだ見つけていません。天国からでもいいから、もっと作品を世に送り出してほしいと願ってやみません。女性ホルモンおすすめサプリとは?

やっぱりゴロゴロは最高の幸せではないでしょうか?

はじめ週の疲れを癒すには、やっぱりゴロゴロするのが好きです。もちろん朝から晩までパジャマだ。パジャマからパジャマに着替えます!
ですから、前日のうちから調節が始まります。OFFに食べたくなるであろう物、飲みたくなるであろう物を予想して、コンビニで買って帰ります。場合によってはDVDを借りたり、書物や読物を買ったり行う。あと、忘れてはいけないのが休日明けのモーニングだ。これはよく買い忘れてしまい、外でモーニングを取り去ることもしばしばありました。
買い物が終わったらパジャマセレクトだ。大事なOFFに日帰り中着ているのですから、お気に入りのものを出します。
休きのうは夜更け更かしをしたいのですが、だいたい疲れて寝てしまう。電気振りかけっぱなして寝入るのは嫌なので、少しでも睡魔を感じたら電気を消してベッドにもぐりこみます。あとは好きなだけ寝ます。いつも起きる時間に一度起きてしまうので、もちろん二ごと寝行う。早朝中に二ごと寝から目覚め便所へ行きます。そこから三ごと寝に入る時もありますし、ベッドでゴロゴロしたりおなかがすいたら食べたりと本当にダラダラゴロゴロ過ごします。風貌もほとんど洗い流しません。お表皮もお休日だ。
そこから、2日間お休日がある時はダラダラダラ~っと夜更けまで過ごしてまた寝ます。お休日が日帰りだけの時は、夕方になると徐々に本職気分のスイッチが混じるのか、けっこうキビキビ移せるようになります。明日の調節をして、あすに備えて早めに寝ます。